HOME > 三重・愛知・岐阜で家づくり・注文住宅・建築設計は一級建築士・阪竹男 / 家を建てる人へ

住まい手が生活することで、初めて家になります。
終の棲家をつくる、子育て世代にもシニア世代にも穏やかな暮らし。
いつまでも家族の笑顔を感じる空間を・・・・・・。

終の棲家をつくる

 建築を生業として20年以上が経ちますが、日本社会は経済的にも建築の世界も大きな成長を遂げ、技術力は世界の最先端となっていると思います。同様に日本人の寿命も世界一まで延び平和で豊かな社会になりました。
それと同時に今や生産人口が減少し超高齢化社会へと変貌したのも事実です。

家づくりにおいても変化する時だと思っています。働く世代がローンを組んで家を建てる時代、さらに退職後の60代でも家を建てる時代、これからの日本の家はシニアが建てることにも意義がある、そんな風に考えています。

アベノミクス効果と言われる現在の経済は上向き傾向ですが、安泰が保証されるものではありません。日本人の平均寿命は世界一、今や80歳以上のシニアが健康に暮らしていることは普通の事となっている時代となりました。30代前半で家を持った人は50年程も同じ家で暮らすことになるのです。

日本の建築、住宅の寿命は西洋のものと比べて恐ろしく短いのも事実です。主な構造が木材であることが所以です。木の家というのはメンテナンス補修が必要です。風雨にさらされる屋根や壁は定期的に手を入れていかなければなりません。外国の石造りの建造物と違い、日本建築は数年~10年程度で補修して寿命を延ばしていくものだからですが、文化財指定の建築物でない限り補助金はなく個人の裁量で維持することになります。

子育てを終えた50代~60代になって終の棲家を持つこと(新築・改修)も新たな今の生き方だと思うのです。
これからの日本の世の中は、シニアも輝ける未来をつくることが必要だと思います。
今後もさらに進む技術力にさらなる建築の飛躍をもって、成熟した大人の棲家を提案したいと考えます。
私にとって「建築は限りなく自由なもの」だからです。

現在、わたし自身の生活は便利な電化製品にかこまれ日本経済的は豊かになったかもしれませんが、地球環境はどんどん悪くなり、様々な社会的な問題や国際的にも困難な問題が山積みとなっているのが現実です。わたしたちは、こんな社会を誰一人として予想していなかったと思います、人間はいったいどこからズレてきてしまったのだろうか・・・。

今の現実をすぐさま良くすることは難しいことですが、ひとりひとりの意識を少しづつ変えていくことで将来を変えることは不可能ではないと思っています。

 建築に携わるひとりの建築家として、建築が未来の希望を創り出す、ひとつの力となるとわたしは信じています。インターネットやSNSなどでグローバルにつながることが可能なった今、もっともっと希望をふくらませていけるはずです。
地球と共存しつつ、夢のある家づくりのサポートをすること。
私はひとりの建築家として、建築で
未来のしあわせをつくりあげていきたいと思っています。

あなたの家づくりのテーマは・・・コンセプトを考えよう!

気軽に趣味を楽しむ家

長く一緒に暮らす夫婦であっても、趣味はまったく違うというのはよくあることです。D.I.Yを楽しみたい、水彩画を描きたい、などなど。互いの時間を尊重できる。そんな空間づくりは暮らしを楽しむためには無駄とは言えません。

いっしょにすごす、家族の空間     

GUM13_PH09008.jpg
家族が集うときLinkIcon

ひとりで気ままに、個人の空間

GUM13_PH10020.jpg
あなたが好きなことLinkIcon