HOME > 三重・愛知・岐阜で家づくり・注文住宅・建築設計は一級建築士・阪竹男 / 住宅・建築の監理

建築家・設計事務所の設計監理とはどんなことをするのか。

設計図面が基本

建て主様の想いを詰め込んだ実施設計図に基づき、 現場が適正に且つ円滑にすすむよう現場に行き、細かく協議したものを確認し指示をおこないます。 あくまでも実施設計図が基本ですが、 ときには現場状況などから変更が必要になるときがあります。 そんな 場合にも的確な対応ができるようにしています。

現場のパイプ役(コミュニケーション)

監督さんの経験や、職人さんの技が十分に発揮されるためにも、コミュニケーションは欠かせません。 お互いの気持ちがうまく伝わることで工事の進み方が違うからです。 建て主様の想いを的確に伝え、それを形に変えていただくには建築家と現場監督さん、職人さんたちのチーム ワークがたいへん重要になります。

納得がいくまで協議する

建物はいくつもの工程を経て完成していきます。各工程の必要な時期に、建て主様と納得がいくまで協議をくりかえします。

現物で確認(サンプル・ショールーム・見学会を活用)

一度はカタログから選んで決めても、写真の具合は現物と異なる場合がよくあります。 建て主様の想い描いたイメージになるよう、サンプルを取り寄せて確認したり、ショールームで見ることも重要です。 それでも、壁のように面が大きくなものは、実像としてなかなかイメージがつかめませんから、場合によっては実際の住宅などの見学などを行う場合もあります。

価値観の共有

設計者は建て主と価値観を共有して、はじめてお互いに満足できる建物が完成できると考えています。